Twitter・FaceBookでブログ更新・イベント予定などをお知らせしています。

ダウンロード

笑顔日和 (えがおびより)

赤穂市立 文化と歴史の施設

当館を運営する赤穂市
文化とみどり財団のその他のサイト

周辺観光案内

大阪市立科学館行ったよ!

 

 

 

 

こんにちは

 

 

赤穂市立海洋科学館のしおタマだよ。

 

ブログを見てくれてありがと。

 

今日は、第2回子ども科学実験教室のお話だよ。 

 

赤穂市の小学生達と大阪市立科学館に行ったって話。

 

 

 

参加してくれたみんなのお父さん・お母さんにみんながどんなことしたのかを伝えたいから頑張るよぉぉ!

 

 

 

 

 

でもね。

 

たくさんお話したいんだけど、

 

あんまり話せることないんだ。

 

 

だってね。

 

僕。。。

 

 

行ってないんだ。

 

何で?って・・・。

 

タマゴはバスに乗れないんだ(゜ロ゜)

ん~~~~~~~~。

 

タマゴに人権はないみたい。

 

 

確かに僕の役目は科学館にたくさんの人が来てくれるようにすることだから、仕方ないかな。館長!僕頑張ってるよ!赤穂に観光に来てくれる人が増えてるみたいだけど、僕のおかげかもしれないよ。僕が凄い人気者になったら市長さんから褒めて貰えるかもしれないから、赤穂観光に来てくれる人!科学館に来てね。

 

 

ちなみに気がついた?

 

 

赤穂観光に来てくれた「さな」って女の子が僕をイラストにしてくれたんだ。結構、楽しんでくれてるみたい。左上のやつ。見える? 

 

 

へへ。

 

よし!

ぢゃ。

そろそろ紹介してくね。

ただの大阪市立科学館の紹介みたいになちゃた。


サイエンスショー

 

 

大阪市立科学館の良いところはなんと言っても、サイエンスショーだよね。海洋科学館ではちょっと出来ないことかな笑。市長さん!これ海洋科学館でもやりたい!

 

みんなが見たサイエンスショーは「電池がわかる」だって!

 

良いよね。

 

楽しそうだよね。

 

あれでしょ?

 

金沢先生が、サイエンス寺子屋でやってた静電気の実験みたいな感じでしょ?

 

手をつないで~

 

ビリビリってくるやつ!

 

違うのかな?

 

写真しか見てないから分んない 😡 

 

 

 

 

身の回りのいろいろなところで、活躍している電池。その電池はいつ頃発明されたのでしょうか?また、その電池はどのようなものだったのでしょう。今は複雑な仕組みを持つ電池ですが、その最初の仕組みはとても簡単なものだったのです。今回の実験では、身近にある道具を使って、電池の仕組みにせまります。そしてなんと、私たち自身も電池になることができます!いろいろな電池の実験を通して、電池にくわしくなりましょう。(http://www.sci-museum.jp/science/ 大阪市立科学館)

 

 

 

 

プラネタリウム

 

 

続きましてぇえええ

 

プラネタリウム。

 

 

地球が回ってること実感出来るよね!

 

映画館よりフカフカで気持ち良いイス!

リクライニングシートだから、寝ちゃう子もいるよ笑。

 

みんなが見たプラネタリウムのテーマは!

 

 

 

 

 

 

聞くのを忘れた。

 

。。。。どっち?

 

ごめんなさい。

 

 

 

 

そういえばね。

子ども科学実験教室でも天体観測やるんだけど。

みんな星を好きになって欲しいな。

 

望遠鏡で金星見てました。

 

5分その場から離れました。

 

もっかい見てみる。

 

あれ?

 

金星が、、、、、

 

見えない。

 

これって地球の自転だよね!

 

 

とかっ?

 

 

 

 

「金星があそこに見える。。。」

 

 

 

「秋かぁ」

 

 

とかっ?

 

 

って言いたくない?笑

 

 

 

「ねーねーお母さん 今日はお月様が半分だね!」

 

から

 

「お母さん!今日は上弦の月がキレイですね!」

「月見ればちぢにものこそ悲しけれ、我が身ひとつの秋にはあらねど」

「今日はそんな秋を感じます。」

 

 

に変わる。

 

月見ればちぢにものこそ悲しけれ、我が身ひとつの秋にはあらねど
ーーーーーーーー
<意味>

月を見ているとなんだか悲しくなるね。

いろんな想いがあふれてくる。

私1人のためだけの秋でもないのにね。

 

 

 

とか笑?

 

 

これを成長って呼ぶんぢゃない?

 

違う?

 

 

違うってさ。

 

 

違うかな~~~~~~~

 

 

 

 

展示(BF1~4F)

 

展示が面白い!

 

引率の先生がね。

 

いつも熱中してしまうの。

 

迷子はどっち?

 

もと幼稚園の先生 福本副館長に怒られる大人達。

 

福本先生は、幼稚園児を叱るように大人を叱る。

 

 

子どもも凄く熱中しちゃうから、

 

たぶん、福本先生1人で引率してる感じかもね。

 

あ。

 

この人が福本先生。

 

お父さん。お母さん。 言い過ぎました。

熱中して迷子になる大人は1人しかいません。

引率の各先生は責任を持って職務を全うしております。

ご安心下さい。

 

以上しおタマでしたぁ

 

 

 


 

 

赤穂市立海洋科学館では、東備西播子ども科学教室の参加者を募集しております。定員残りわずかですので、「天体観測」に興味があるお子さまは早めにお申し込み下さい。

 

詳しくは、イベント予定をご覧下さい。